宮崎ではデリヘルでお嫁さんを探している人が実は多いらしい

皆さんは結婚したいですか?結婚とは男と女が営む共同作業。本当に幸せな一時なのでしょう。でも、本当に幸せなだけかというとそれは違うと思います。

しかし一つ屋根の下で一緒に暮らしていくのだからそれは喧嘩もあるし相手の嫌な所も色々と見えてくる事でしょう。それは大変な事なのですよ。

結婚には向いてないのでデリヘルで遊ぶ

結婚も一筋縄ではいけませんね。相手の本音もしっかり分からないと旦那がめっちゃ一生懸命に働いているのに奥さんは旦那の稼いできた金で好き放題にやりたい。と思っていたらどうします?そんな奥さんとずっと一緒に居られるでしょうか?何故、自分が働いているのかも分からなくなると思いませんか?

そういった相手への嫌気から別れを切り出す相手も少なくは無いのでしょう。結婚する前はあんなに格好良かったのに結婚する前はあんなに綺麗だったのに結婚してからはグータラに…。見違えるかのような堕落ぶりに愛想を尽かせる人も少なくない様子。結婚とは本当に幸せなのだろうか?その答えを知るのはまだ先になりそうです。それまでは、地元宮崎のデリヘルで遊んでいようと思います。

未来の男女関係

現代はシングルマザーが増えたり、結婚しない人が増えたりしたりと、新しい男女関係に変わって来ましたが、それは新しいのではなくて、昔に戻っているのかもしれません。平安時代の結婚生活は男女がそれぞれ別々に生活し、夫が妻の家へ通う「通い婚」が一般的だったそうです。しかし、妻が孤児同然だった場合には、夫の家に同居することもあったそうです。

当時は、結婚するために役所へ届を出したりする現代とは大きく異なり、男性も女性も経済的に独立していたので、比較的自由に行われていました。なので、結婚において重要なのは経済力ではなく、“愛情”という事。つまり、男性と女性の心のままにつながったり、切れたりしました。平安時代の婚姻成立までの過程は今とはまったく違い、なかなか大変だったそうです。

まず、当時の女性は顔を見せないようにしていた為、男性は「垣間見」(のぞき見)や、世間の噂から意中の女性を見つけるのである。貴族の子弟は意中の女性を見つけるため、“どこぞに美しい女性がいるらしい”という噂にはたいそう敏感であった。まるで可愛いデリヘル嬢を見つけるみたいですね。顔が見れないなんて、顔にモザイクがかかっているみたいですね。平安時代は通い婚でしたが、未来ではデリバリー婚かもしれませんね。

参考サイト:http://www.delih-f.com/miyazaki/top

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る