未来の男女関係

現代はシングルマザーが増えたり、
結婚しない人が増えたりしたりと、
新しい男女関係に変わって来ましたが、
それは新しいのではなくて、昔に戻っているのかもしれません。
平安時代の結婚生活は男女がそれぞれ別々に生活し、
夫が妻の家へ通う「通い婚」が一般的だったそうです。
しかし、妻が孤児同然だった場合には、
夫の家に同居することもあったそうです。
当時は、結婚するために役所へ届を出したりする現代とは大きく異なり、
男性も女性も経済的に独立していたので、比較的自由に行われていました。
なので、結婚において重要なのは経済力ではなく、“愛情”という事。
つまり、男性と女性の心のままにつながったり、切れたりしました。
平安時代の婚姻成立までの過程は今とはまったく違い、
なかなか大変だったそうです。
まず、当時の女性は顔を見せないようにしていた為、
男性は「垣間見」(のぞき見)や、世間の噂から意中の女性を見つけるのである。
貴族の子弟は意中の女性を見つけるため、
“どこぞに美しい女性がいるらしい”という噂にはたいそう敏感であった。
まるで、可愛いデリヘル嬢を川越デリヘル情報で見つけるみたいですね。
顔が見れないなんて、顔にモザイクがかかっているみたいですね。
平安時代は通い婚でしたが、未来ではデリバリー婚かもしれませんね。